「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本建築学会賞 受賞者記念講演会

夕方、2010年日本建築学会賞[作品]受賞者記念講演会『作品を語る』のため、
smtに行ってきた。
b0185450_23384450.jpg
17時開始だったが、病棟回診後に行ったら到着は19時で、西村さんのプレゼン中。
市民を巻き込んで建物・空間を活性化した「岩見沢複合駅舎」には、羨ましさを感じた。
b0185450_2340088.jpg
その後のパネルディスカッションでは、
北山さんが、建物を金儲けの手段として利用しようとするファンドから
「洗足の連結住棟」を我が子のように守ろうとする姿勢が嬉しかった。

門外漢の私は知らなかったのですが、質疑応答の内容を聞いていると、
未だに「建築」と「土木」の垣根は大きいんですね、特に教育現場では。
少しずつ変わってきているようですが...。今後の変化に期待したい。
[PR]

by bostonmarathon | 2010-07-30 22:00 | アート & 建築

電気自動車・プラグインハイブリッド対応 月極駐車場

帰宅途中で見付けた。
b0185450_15391345.jpg
仙台初! 首都圏では、珍しくないのかな?
[PR]

by bostonmarathon | 2010-07-27 23:59 | 雑感

本日の講演会 藤村龍至「CITY2.0」

本日は、トンチクアワー特別企画 藤村龍至 講演会「CITY2.0」に参加してきた。
もともと建築に興味はあったが、青葉山の工学系研究科の建物に入ったのは初めて。
診療を終えてギリギリで到着。来客用駐車場に停めたところでM先生を発見。
事務室で駐車票をもらっていただいた。

藤村さんの新しい(未完成な)マニフェスト(?)を聞かせてもらい、楽しかった。
講演内容には、共感するところも疑問もあったが、今後の発展に期待したい。
建築現場にしろ、新しい理論にしろ、発達過程を見るのが好きだ。例えば、
表参道ヒルズが工事中の頃は、東京に行くたびに10回以上 工事現場をのぞきに
行ったものだが、建物が完成してからは未だ1回しか行っていない。
もちろん、完成後の建物の使われ方をみるのも面白いのだが。建築家に相談なく
改築されたり、壁にはベタベタ張り紙されてたりすることも多いわけですが。

一概には言えないが、医学部生よりも元気があり、気合いが入った(生意気な)質問を
しているケンチク学生をみて、こちらが元気をもらった。

このイベントの準備に関わった学生さん(+ スタッフ)お疲れ様でした。Thanks!
[PR]

by bostonmarathon | 2010-07-23 23:59 | アート & 建築

本日の展覧会

「ピカソと20世紀美術の巨匠たち(5/22-7/11 )」 at 宮城県美術館
5/22, 23, 29, 30, 6/6, 6/27に続き7回目。 外は午前中から30度越え。
b0185450_18544396.jpg

明日までの開催ということもあり、開場30分後には既に、展示室内は混んできた。
それでも、東京での展覧会とは違い、絵を最前列で観ることはできる。

今回新たに気付いた点が3点。
①今まであまり印象に残っていなかったピカソ20歳代の作品に目が行った。
 ピカソのコーナー全体を眺めると、あらためて作風の変化がよく分かった。
②キタイの「オーストリア=ハンガリー帝国の歩兵」
 今まで単なる油彩と思っていたが、紙などのコラージュが使われていることに気付いた。
③ウォーホルの「ペーター・ルートヴィッヒの肖像」
 今までは肖像のみに目が行っていたが、今日は、鮮やかな背景の色の
 斬新な切り返しに気付いた(文章では表現しにくい)。

本特別展は、次は、鹿児島市立美術館(7/23-9/5)へ。
[PR]

by bostonmarathon | 2010-07-10 23:00 | アート & 建築