カテゴリ:宇宙( 41 )

スペースシャトル『エンデバー』に、1年ぶりに再会。

L.A.に行く機会があったので、California Science Center(CSC)で、
Space Shuttle "ENDEAVOUR" を観てきました。
スペースシャトルは昨年退役しましたが、そのうちの1機 『エンデバー』 が、
10/30からCSCで一般公開されています。今後行かれる方のために情報提供です。

<手順>
・時刻指定のチケットを、CSCのHPで事前に予約し、自分でプリントして持参。
・L.A.ダウンタウンからExpo Park/USCまで、MetroのExpo Lineで4駅。
b0185450_1875895.jpg
CSCに着いたら2Fへ上り、指定の時刻になったら列に並びます。
b0185450_18165567.jpg
黒いプラスチックコインを渡されて進み、下記の部屋の入口でコインを渡します。
b0185450_1838258.jpg
『エンデバー』関連(特にCA州との深い関係)の展示を観ます。
b0185450_18221535.jpg
最後に、『エンデバー』 を、L.A.国際空港からCSCまで市街地を運んだ様子のビデオを観て部屋を出ます。この時、紫のプラスチックコインを渡されます。紫のコインを次の入口で渡して、いよいよ対面です。
b0185450_18394656.jpg
彼女は中に居ました。時間制限は無いので、1時間ほどいろいろな方向から、近くから遠くから、機体を観察しました。
b0185450_18425641.jpg
b0185450_18422077.jpg
b0185450_18423492.jpg
スペースシャトルを真下からも観察できたのは初めて。Nose gear(前輪)がこんなに前方にあったことは予想外でした。いろいろと驚きましたが、一番驚いたのは、将来の展示予定でした。なんと、燃料タンクを積んだ打ち上げスタイルでの展示が予定されているそうです。
楽しみ。
b0185450_18431510.jpg

取り急ぎ。

昨年11月には、フロリダのKennedy Space Centerで、この『エンデバー』の修復作業を観ることができたので、1年ぶりの再会となりました。Amazing & excitingでしたが、その一方で、もう空を飛べない哀しさも...。
[PR]

by bostonmarathon | 2012-11-04 12:00 | 宇宙

「宇宙子どもワークショップ2011 in 仙台たなばた」

1330-1530 東北大学川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟にて、
「宇宙子どもワークショップ2011 in 仙台たなばた」が開催された。

宇宙飛行士に認定されたばかりの新人宇宙飛行士3名(油井さん・大西さん・金井さん)も
参加するので、息子も連れて参加。

会が始まる直前トイレに行ったら、ちょうどお三方と一緒になり、いろいろとお話しできた。

http://www.yac-j.or.jp/workshop2011/caravan/tanabata.html

プログラム
•宇宙に関するお話
•新人宇宙飛行士との交流プログラム
•古川飛行士からの「宇宙たんざく」ビデオメッセージ上映
•ブルースーツ試着体験 など
[PR]

by bostonmarathon | 2011-08-07 20:00 | 宇宙

「はやぶさ i」

6/13-10/10期間限定で、東京フォーラム 1Fにオープン。
b0185450_21401618.jpg
外観。
b0185450_21402854.jpg
帰還カプセルのレプリカで、重さを体験できる。
b0185450_21403680.jpg
「ミネルバ」。
b0185450_2141218.jpg
特製リポDをいただいた。
[PR]

by bostonmarathon | 2011-08-04 23:59 | 宇宙

三菱みなとみらい技術館

8/3-4 日本循環器学会の合間に、 三菱みなとみらい技術館を初めて訪問。
夏休み中のこともあり、小学生でごった返していた。

①フライトシュミレーター(MRJフライトチャレンジ)をトライしたかったが、
 大勢の小学生たちに混ざって並ぶのは気が引けた。
 次回はムスコを連れてきて、堂々と、一緒に列に並びたい。

②LE-7とLE-7Aが並んでいると、LE-7Aの配管がスッキリ見える。
b0185450_23461993.jpg

ギャルリー・タイセイにも行きたかったが、休館中。

今回の日本循環器学会は、3月末から延期された縮小版。平日2日間の開催なので
参加者は少なめだが、セッションによっては立ち見が出るほど。ポスター発表は、
当初の約2000題から120演題に絞られている。これくらいこぢんまりしている方が、
全体を見渡せていいんだけどね。

ところで、震災以降、新幹線に乗るたびに、JRには感謝の念を感じる。
震災1週間後に少し時間ができて仙台国際ハーフのコースを走った際、
11km地点の広瀬川橋梁上では、架線が垂れて、新幹線は止まったまま。
しかし、その約1ヶ月後には、なんと営業再開していた。
[PR]

by bostonmarathon | 2011-08-04 23:00 | 宇宙

本日のJAXAi跡地

b0185450_1663111.jpg
b0185450_1663891.jpg
b0185450_166461.jpg


2011年1月9日のJAXAi跡地 http://spcflght.exblog.jp/14723015/
2010年4月26日のJAXAi  http://spcflght.exblog.jp/13213703/
[PR]

by bostonmarathon | 2011-06-11 23:30 | 宇宙

本日のJAXAi跡地

事業仕分けの結果を受けて2010年12月28日に閉鎖されたJAXAi。
仕事のため、最後の瞬間に立ち会えなかったので、現場を確認しに行ってきた。
b0185450_21574565.jpg
b0185450_21581790.jpg
b0185450_21591625.jpg
b0185450_21593360.jpg
野口さん「JAXAiなう」
b0185450_21595152.jpg

以下は、事業仕分け直後に書いた2010年4月26日のブログ。
http://spcflght.exblog.jp/13213703/

個人的には、十分な議論なく導かれた「JAXAi廃止」という結論は、短期的視点のみで長期的展望がない不適切な判断だと思うが、とにかく、今後のJAXAの広報活動を見守りたい。

でも、今日、東京に行ってJAXAiがないのは寂しかったなあ。
息子には、いつも立ち寄ってたJAXAiが無くなったことは、まだ話していない。
[PR]

by bostonmarathon | 2011-01-09 20:00 | 宇宙

「はやぶさ」の奇跡の物語

東北大学 萩ホールにて。
b0185450_2103585.jpg

b0185450_2111175.jpg

川口先生らのお話。会場は満席。
[PR]

by bostonmarathon | 2010-12-23 19:00 | 宇宙

「はやぶさ」実物大模型が仙台にやってきた

b0185450_0124718.jpg
10/3(日)~10/10(日) 9:00~18:00
場所:東北大学エクステンション教育研究棟1階
(片平キャンパス北門から入って、100メートルくらい進んだ左側。)
b0185450_0133014.jpg
小惑星イトカワへの7年間の旅から地球に帰還した「はやぶさ」は、小学生には人気らしい。
実物は、大気圏突入時にカプセル以外は焼失しているので、今回の展示模型は、宇宙での
「はやぶさ」の雄姿を観ることができる貴重な機会。このミッションには、サンプル採取技術
など東北大学が大きく関わっていることから、この実物大模型をJAXAから借用できたそうです。
b0185450_0151147.jpg
10/2(土)と10/3(日)に観てきましたが、子供のみならず、大人も、「はやぶさ」の太陽電池パネルの大きさを実感して驚いたり、エンジンやパネル展示をみて感心していました。
b0185450_0163853.jpg
もっと多くの小中学生に見てもらいたいですね。大きさを実感して。
職員やボランティアの説明を聞いて、いかにこのミッションが難しい課題を克服したか。

大学内には駐車できませんが、近くの五橋通りには有料駐車場が4-5ヵ所ありました。
ぜひお子様を連れて、買い物がてら覗いてみて下さい。毎日待ち時間なしです。
b0185450_0125852.jpg
10/3夕方には、講演会もあり。今まで、サンプル採取の話は何度か聞いたことがあったが、
イオンエンジンやサンプル分析に関する話を聞いたのは、今回が初めて。ためになった。
[PR]

by bostonmarathon | 2010-10-03 23:59 | 宇宙

「はやぶさ」カプセル展示 at JAXA角田宇宙センター

「はやぶさ」カプセル特別展示を観に、JAXA角田宇宙センターに行ってきた
(仙台から南に1時間弱です)。
b0185450_11224974.jpg
b0185450_11233788.jpg
朝から予想以上の混雑のため、予定を1時間繰り上げて9:00に開場した、とのこと。
b0185450_11255932.jpg
b0185450_1128136.jpg
9:50から長蛇の列に並び、11:10に「はやぶさ」再突入カプセルに面会。
「いや~、よくぞ無事帰ってきた!」
やはり、本物を間近に見ると、心が揺さぶられる。
大気に触れていないから汚れていないのか、カプセル内の機器はピカピカ。
(地球帰還直後の写真を見ても、ヒートシールド以外の部分はピカピカ。)
小学生くらいの子供達もたくさん観に来ていた。百聞は一見に如かず。
彼らの心にも、何か残るものがあっただろう。
ミッションの目的や成果なんて、理解する必要はない。
本物のカプセルを観たことが経験となり記憶に残る。
それが将来、何かをキッカケに花開くこともある。

b0185450_1132162.jpg
b0185450_11323316.jpg
b0185450_11325456.jpg
東地区の展示室や屋外展示にも、多くの人が。

今年4/18のJAXA角田宇宙センター 一般公開の様子は、
4/18のブログに記載 http://spcflght.exblog.jp/13172993/ 。

ところで、明日9/12は「宇宙の日」。今日は充実した「宇宙の日」イブだった。
午前中は、「はやぶさ」カプセルを観にJAXA角田宇宙センターへ。
夕方、仙台では、日本上空を通過するISSがよく見えた。
夜は、「みちびき」を搭載したH2Aロケットの打ち上げを、家族で、ニコ生 & JAXA公式で観戦。
[PR]

by bostonmarathon | 2010-09-11 23:00 | 宇宙

「はやぶさ から はやぶさ2 へ」

6/11に開催された「おかえり! 小惑星探査機はやぶさ」に続き、
今回も仙台メディアテークで「はやぶさ」のイベント。
b0185450_1415335.jpg
今回も申込番号が1番だった。最前列中央に着席。
「はやぶさ」のサンプル採取技術は、東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻の
吉田和哉教授の研究室で開発されました。

b0185450_142783.jpg
出席者30名くらいのアットホームな会で、私も含めて、みんな気軽に質問していました。
主催者の皆様、ご苦労様でした。

(9/11,12に、宮城県角田市のJAXA角田宇宙センターで「はやぶさ」カプセル展示予定。)
[PR]

by bostonmarathon | 2010-08-14 23:59 | 宇宙