南山大学キャンパス by A. Raymond

本日は講演@名古屋。
余裕をもって名古屋入りしたつもりだったが、講演会前にランに使える時間は2時間のみ。南山大学の建築群を見に行きたいが、往復ランで行くと講演に遅れそうだったため、往路は泣く泣く地下鉄。それでも時間がギリギリのため、地下鉄の車内では途中下車して戻るか迷いつつ、最終的には、見たい気持ちがまさって、キャンパスをチラッとだけ観て 速めのペースで走って戻れば間に合うだろう、と判断。
b0185450_12552583.jpg
地下鉄を降りて急な坂道を上り切ると、南山大学が姿を現す。
b0185450_12552523.jpg
本部棟に迎えられる。とても50年前の建物とは思えない。

南山大学の建築群 by A. レーモンド。自然の地形を生かしたキャンパス。 尾根に建つ研究棟を境に、南に本部,図書館,食堂など、北には講義棟。キャンパス内に 坂がたくさんあって学生は大変かもしれないけど。
b0185450_12552658.jpg

b0185450_12552653.jpg
校舎外装の赤土色やルーバーといった 旧い建物(右手前;図書館 1960年代竣工)の意匠が、最近 建てられた建物(左奥;R棟 2011年竣工)にも引き継がれていて統一感があり、居心地が良い。
b0185450_12552677.jpg
b0185450_12552740.jpg
旧い建物が、キチンとメンテナンスされて維持されており嬉しい。
b0185450_12552794.jpg
体育館の造形も力強い。
b0185450_12552791.jpg
キャンパス内には、ポケモンを探す学生たち。昨日から日本でも使えるようになった『Pokémon GO』 。

15分ほどでキャンパス内をサラッと見学しただけで 全部は見切れていないけど、無理してでも 観に行って良かった! 見学会などがあれば、ぜひ建物内を観てみたい。

復路では名古屋駅前まで4'30"/kmペースで走り、帳尻を合わせた。もともとはノンビリとjogする予定であったが、時間的な制限のため、はからずも、良いスピードトレーニングになった。

南山大学 キャンパス・校舎探訪
http://www.nanzan-u.ac.jp/Menu/koho/kosya/raymond/index.html
[PR]

by bostonmarathon | 2016-07-23 22:00 | アート & 建築

<< 3/5~12 SDL2017 銀座ソニーパークプロジェクト ... >>