2016/03/26 北海道新幹線 開業

本日開業した北海道新幹線で函館へ。函館訪問も青函トンネルも、今回が2回目。
前回は1988年、急行「八甲田」で朝5時過ぎに仙台を発って 青函連絡船最終日に航路で函館へ渡り、青函トンネル開業初日に地下から本州へ戻った。今まで函館は、仙台から近くて遠かった。空路の直行便もないし。
今回1泊2日で仙台から函館に行ってみて感じたこと。
函館は素敵な街、また行きたい。その一方で、北海道新幹線とJR北海道の前途が非常に心配になった。この文の最後に、それに対する処方箋を挙げてみた。

仙台市内で普通に生活していると、北海道新幹線の開業日を意識することはない。でも、今日の仙台駅は、北海道新幹線一色。
b0185450_00020032.jpg
わずか3駅で新函館北斗駅。
b0185450_00045947.jpg
b0185450_00465473.jpg
「新函館北斗 行き」との表示に期待も膨らむ。
この時期忙しくて事前調査の余裕がなかったので、電車内で函館市内観光の下調べをするつもりだったが、盛岡以北は大部分がトンネルで、結局、北海道に渡るまでほとんどネットに繋がらず、調べものができなかったのは残念。

新函館北斗駅に到着する前、右手にみえる函館市内を横目に左カーブして目的地である函館市内からドンドン離れていくのが、なんか、もの悲しかった。新函館北斗駅での在来線への乗り換えは、自動改札で止められる客が多くて進まず。客が多すぎる嬉しい誤算か、機器の不具合か。しょうがないので、駅員のいる改札を通過。
「はこだてライナー」に乗り換えて函館駅へ。ホームに降りて改札口へ向かうも、降車客でごった返していて、改札口に辿り着くまでに5分以上かかった。改札口までの途中、太鼓演奏や商工会議所の方々の出迎えを受けたが、商工会議所の方々の全身白タイツ + H5系のかぶり物は、正直とても痛々しくて、とても正面からは撮れなかった。
b0185450_00250065.jpg
駅舎から出ると、ヒト ヒト ヒト ヒト。ものすごい数の人でごった返していた。駅の駐車場には行列、駅前広場のお尻を乗せられる場所には、すべてヒトが座っている。函館市民の期待感と熱い思いを感じた。新幹線で本州と繋がることの精神的な意味は相当大きいのだろうと感じた。
b0185450_00284914.jpg
ホテルに向かうため市電に乗ろうとするも、電停には乗り切れないほどのヒト。横断歩道まで溢れる市電待ちの客も、嬉しい誤算(危ないけど)。乗降に時間がかかり、1つの停留所に2〜3台の電車がスタックしている。
b0185450_00311453.jpg
ホテルにチェックインしたら、外では轟音が。久しぶりに、松島基地所属のブルーインパルスに会えた。抜けるような青空に映えていた。
b0185450_00410664.jpg
b0185450_00413358.jpg
五稜郭タワーから五稜郭を望むと、堀の石垣の鋭角と曲面の対比が気になりつつ、脇にあるアパートメントの形状に目が引かれた。
b0185450_21501335.jpg
b0185450_01031291.jpg
夜は、花火大会。一日中、街全体で新幹線を歓迎している。
b0185450_01052150.jpg
レンガ倉庫もいい感じ。
b0185450_01071605.jpg
翌3/27も、元町界隈の坂道を散策して、旧い建築物を堪能した。好天に恵まれたこともあって、本当に素晴らしい2日間だった。
b0185450_09152883.jpg
b0185450_09152944.jpg
しかし、ニュースを聞くと、開業から9日間の北海道新幹線の予約率はなんと25%という低さ。開業初日の混雑からすると想像もつかないが真実なんだろう。年間48億円の赤字が続いたら、JR北海道は倒産するんじゃないのか?

普通に考えれば、東京からのアクセスは、新幹線よりも飛行機のほうが断然に良い。でも、仙台市民からすると、北海道新幹線は、函館と仙台の距離をグッと近付けたと思う。実は、函館に行ったことがない仙台市民は多い。逆に、仙台に来たことがない函館市民も多いのだろう。北海道新幹線が開業して、函館からは、札幌よりも仙台のほうが時間距離が近くなった。
東京からの新幹線旅行客を増やして維持するのは難しいだろうし、将来 札幌まで延伸されても東京から通して乗る客は少ないでしょうから、仙台や盛岡からの集客を本気で目指すべきだと思う(それくらいしかできることはない)。3~4時間なら気軽に来られる距離。ただ、北海道新幹線の運賃は高い。JR北海道やJR東日本は、原価ギリギリ(or 赤字覚悟)で安いツアーをどんどん出して、まずは、北海道新幹線体験のあるヒトを増やすことに尽力してはどうだろう。新幹線で北海道へ行った経験者を増やす。その旅が楽しければ(そして、コストパフォーマンスに満足すれば)、評判は必ず周囲に拡がり、行き来する旅行者が増えるだろう。函館は、それだけの魅力がある街。

(既にやっているのかもしれないけど)函館と協力して相互に行き来するキャンペーンを張れば、仙台の観光業にとってもメリットは大きいだろう。
仙台からなら1泊でも結構楽しめるので、函館観光を私はオススメします。次は、2~3泊したい。

素人が北海道新幹線に乗って感じた危機感 と それに対する処方箋。

[PR]

by bostonmarathon | 2016-03-26 21:00 | 雑感

<< 2016/05/08(日) 仙... 3/6~13 SDL2016 >>