「ほっ」と。キャンペーン

Stanford建築紀行

3/9~12 シリコンバレーのベンチャー企業 と Stanford University を訪問。
到着日の午後は、Stanford Univ.のキャンパス内を軽くjog。
あまりに広大なキャンパスに、2時間ほどのjogでもキャンパスの半分しか廻れず。約15kmのラン。キャンパス内のほとんどの建物は、スペイン風でオレンジ色の瓦屋根。
b0185450_0292815.jpg
b0185450_0294376.jpg
b0185450_0295599.jpg
とにかく広いキャンパス。

今回の一番の楽しみは、Stanfordにある"Foster + Partners"の作品2つ。
1) Center for Clinical Science Research (1995 - 2000)
http://www.fosterandpartners.com/projects/center-for-clinical-science-research/
b0185450_23574317.jpg
南からのView。
b0185450_002045.jpg
ルーバーが、強い日差しをほどよく遮る。
b0185450_012461.jpg
北からのView。
b0185450_02956.jpg
2棟から成る建物の中庭で一休みすると、カリフォルニアの強い日差しの下、ルーバーを通り抜けた風が心地よい。

2) Clark Center (1999 - 2003)
http://www.fosterandpartners.com/projects/clark-center-stanford-university/
b0185450_084357.jpg
よく建築雑誌に載っている 北からのview。
b0185450_093259.jpg
建物の曲線美。好き嫌いが分かれるが。
b0185450_0151948.jpg
ミーティングを行った Clark Center 1階からの眺め。


ちなみに、現在建設中のApple本社の新社屋も、"Foster + Partners"の設計。その工事現場にも立ち寄ったのだが、周囲は塀で囲まれていて、中の様子を伺い知ることはできなかった。
b0185450_0154265.jpg
アップル新本社社屋を設計、ノーマン・フォスター氏が語る円形ビルの理由
2016年完成予定のAppleの新社屋を上空からGoProで撮影したムービー

[PR]

by bostonmarathon | 2015-03-13 23:50 | アート & 建築

<< 5/10(日)仙台国際ハーフマ... 3/1~6 SDL2015 >>