「ほっ」と。キャンペーン

5/10(日)仙台国際ハーフマラソンの走り方

1年前に書いた記事をupdateしました。今年もコースは昨年と同じです。
特に、初めて出走されるランナーの方の参考になれば幸いです。
(本日、帰宅したら、仙台国際ハーフの案内・ゼッケンが届いていました。)
======================================
遠方からお越しになった方にも、仙台の街を気持ち良く走っていただきたいと思い、コースについて自分が考えていることをまとめました(私のハーフベストタイムは89分)。

5/10(日)仙台国際ハーフマラソンのスタートまで、あと2週間。今から走力を上げるのは難しいですが、以下の3点をおこなえば、多少なりとも、本番でラクに走れると思います。
 1) レース前の金曜と土曜の夜は、十分に睡眠を取る。
 2) コースの試走(特に15km地点からゴールまで)。
 3) 本番では、15km地点を中間点とみなして、そこまでは体力温存。
   余力があれば15km以降で全力を出し切る。

コースマップはhttp://www.sendaihalf.com/course/
以下に各区間の説明です。

<給水について>
5カ所ある給水所には、それぞれ複数(例年5つ)のテーブルがあります。最初のテーブルにランナーが集中しますが、混雑を避けて、2つ目や3つ目のテーブルに回り込んで給水しよう(最初のテーブルに並ぶ必要はありません)。

【スタート~5km地点(大橋)】
全般に、緩やかな上り。スタート直後は混んでいるので、流れに任せて。ヒトの間を縫って前に出ようとするのは、糖質・筋持久力の浪費。ここで200人に抜かれても結構。あとで300人抜けばいい(抜き返さなくてもいいけど)。
b0185450_8403545.jpg
青葉通りのケヤキ並木(4km地点付近)。ここは木陰のオアシス。

b0185450_23409100.jpg
青葉通りから西公園通りを横切って、大橋へ下る道は、私が仙台で一番好きな道。

【5km地点~10km地点(青葉通りと東二番丁の交差点)】
b0185450_8414560.jpg
大橋を渡った向こうには青葉城址。正面には上り坂がみえますが、レースのコースは真っ直ぐに上らず、道なりに右へカーブ。200mほどで平地になるので我慢。

b0185450_23431713.jpg
新緑から深緑に変わる時期の定禅寺通り ケヤキ並木は、コースのハイライト(撮影した4月末は芽吹いたばかりですが、レース当日には深緑に変わっていると思います)。定禅寺通りケヤキ並木の東端で折り返し(7.7km地点)。市街中心部は沿道の応援も多いので (また、市内在住の方なら見慣れた景色なので)、苦なく、気持ちよく走れると思います。

【10km地点~15km地点(コボスタ宮城の東側 ローソン手前)】
8km地点すぎから15km地点までは、全体として下りなので、ペースアップし過ぎないよう注意。15km地点の先にあるアップダウンに備えよう。15km地点が中間点のつもりで。また、10~17km地点までは、ほとんど日陰がなく炎天下なので、きちんと給水を取りましょう。
このあたりから辛くなる方も多いと思いますが、試走をして、この先の風景を見慣れていると辛さが軽減します。

【15km地点~18.6km地点(大和町4丁目交差点)】
b0185450_19435459.jpg
ローソン前を東へ左折すると、JR跨線橋(往路)のアップダウン。上りさえ耐えれば、その先はしばらく下りだ。

b0185450_23505060.jpg
右手にNISSANの看板が見えたら、次の信号で左折して卸町方面へ。卸町公園前折り返し(17.6km地点)までは緩やかな下りと平地。

b0185450_19241962.jpg
卸商センター前交差点で右折して、左手にコンビニ『サンクス』が見えたら、次の信号を越えた最初の中央分離帯が卸町公園前折り返し。折り返して、18km地点(卸商センター前)が最後の給水所。

【18.6km地点~ゴール】
大和町4丁目交差点(18.6km地点)を右折して、新寺通りを西へ向かう。ここからはラストスパートだ。
b0185450_19433657.jpg
19km地点の先には、最後の上りとなるJR跨線橋(復路)。『萩の月』の看板に向かって進もう。跨線橋を下って、ローソン前を北へ右折すると、ゴールまで1km弱。

b0185450_19463131.jpg
陸上競技場に入り、400メートルトラックを3/4周すると、泣いても笑ってもゴールライン。笑顔でゴールしましょう。皆様の健闘をお祈りします。

b0185450_0244694.jpg
写真は、2012年の仙台国際ハーフマラソンの写真。高橋尚子さんがゴール目前のランナー達にハイタッチ。こんな経験を通して、ランニングの裾野が広がっていくのだろう。50歳近くなりスピード持久力が落ちてきたので、私の今年の目標タイムは 92~94分の予定です。


[PR]

by bostonmarathon | 2015-04-27 23:59 | マラソン

<< 2015/07/11(土) 第... Stanford建築紀行 >>